期間工の仕事を探すときに外せないところは?


余裕がある生活をしたい時は寮の利用を検討しよう

期間工の仕事は、専門的な資格や免許が求められない職場が多く、未経験者も研修やマニュアルを頼りながら仕事に取り組みやすいといった特徴があります。また、大手企業の工場をはじめとして、期間工のスタッフに対しても正社員と同じ条件で寮を提供しているところが増えており、賃貸マンションやアパートで暮らすよりも毎月の生活費を節約することが可能です。最近では、入社後に寮の利用を希望する人のために、事前に相談会を開催したり、社員寮の利用条件を緩和したりする企業も少なくありません。そこで、少しでも社員寮について興味がある場合は、実際に期間工として一定期間工場内で働いたことがある人の体験談を参考にしつつ、安心して勤められそうな職場を見つけることが大事です。

スキルや経験に自信が無い人は研修の有無をチェック

期間工の実務経験があるもののブランクの期間が長い人や、初めて工場内で働きたい人は、入社後に十分な研修が行われている工場を勤務先に決めることがポイントです。一度に大人数の期間工の採用を行っている工場の中には、数回にわたり集合研修を行ったり、希望者を対象としたセミナーや勉強会を開いたりしているところもあります。また、研修のテーマや期間の長さは、それぞれの企業が扱う製品の種類やスタッフの教育方針によって大きく異なります。そうした中、不安なく日々の業務をこなすうえで、求職中から期間工に向けた研修のカリキュラムや実施回数、職場内での先輩スタッフによるフォローの有無などを調べておくと良いでしょう。

寮に住む場合は住所が変わるために住民票を移す必要があります。しかし、期間工として働く期間が1年未満の場合や定期的に実家に帰れる環境の場合は、住民票を移さなくても良い例外の要件に該当すると考えられます。

Back To Top