警備員になりたい!警備員として働くために必要なスキル


警備員には協調性が必要になる

警備員は一人で仕事を行っているようなイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、警備員の仕事は他の警備員との連携や他社の担当者との連携によって仕事が進んでいくケースが多いです。そのため他の人との連携を上手く取るために協調性のスキルが求められます。協調性がなければ現場でトラブルが起きたときに、情報を共有できないというデメリットが生じます。このデメリットは大きな被害に繋がる可能性もあるので、協調性の低い人は警備員として雇ってもらえないことも多いでしょう。

人を観察するスキルが求められる

警備員は人の出入りを何も考えずに眺めているわけではありません。不審な人物が入り込まないように見張っているのが仕事であるため、人を観察するスキルが求められます。不審な人物の侵入を防ぐだけでなく、自分に助けを求めている人がいないかどうかも確認しておく必要があります。アクシデントによって怪我や病気になった人を救護室へと運ぶのも警備員の役割になるので、常に周囲を観察できるようなスキルが必要になるでしょう。

瞬発力も警備員に必要な能力

瞬発力も警備員に必要な能力だと言えます。ここでの瞬発力とは迅速な対応を取れることを指します。例えば事件や事故が発生したときに、誰よりも早く警察や救急に連絡が取れる人が警備員に向いています。火災が起きた場合には初期段階での消火活動や人命救助が行える能力が求められます。このように事件や事故に遭遇したときに、冷静な判断力と素早い行動が取れることが警備員に必要なスキルだと考えられます。

警備員の求人には、デパートや企業などの施設警備や、工事現場における交通誘導などの雑踏警備と呼ばれる種類があります。

Back To Top